www.artsunnysideup.org

少し前から女子社員の私を見る目線がおかしくなってきている。 以前なら「おはよう」と声をかけると私の顔を普通に見て「おはようございます」と返してくれた。 それが今では一瞬、私の頭を見てから「おはようございます」と挨拶してくるようになった。 私の頭を一瞬見て、サッと視線をずらすのが気になる。 先日もこんなことがあった。 エレベーターのなかで秘書課のK子ちゃんと会ったときだ。 ここだけの話しだが実は私はK子ちゃんに気があるのだ。 だから私は可能な限りの笑顔でK子ちゃんに「やぁ、お疲れさま」と声を掛けた。 するとK子ちゃんまで一瞬私の頭を見てからサッと視線をそらし、それから「お疲れさまです」と答えてきた。 そのときのK子ちゃんの目は少し私を憐れむような憂いをたたえていた。 これもすべて私の頭の薄毛のせいである。 仕事のストレスか親父からの遺伝なのか判らないが、ここ最近、私の頭の薄毛化が止まらなくなってしまった。 今では地肌が完璧に見えるようになったしまった。 女子社員の変な視線から逃れるためにも、憧れのK子ちゃんの目から私を憐れむ憂いを無くすためにも私はいま育毛に全力を注ぐことに決めました。 とにかく今は育毛だけを考えて頑張ってみるつもりです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.artsunnysideup.org All Rights Reserved.