為替差損が決まった範囲以上に増大すると追い証(追加保証金)

外国為替証拠金取引(FX)についての興味深いところはたった一つの投資商品であるが投資期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の中からどの期間を選定するのかによって、資金を費やす手だてが大きく異なってくるという点にあると言います。かに本舗 評判

まず外貨投資の「長期」について詳しく見てみましょう。ラヴォーグ 銀座

長期の投資とは、一年以上の出資期間を基準としているものです。よくある苦悩

基本的に為替レートで、一年以上も経った後の為替レートが円高になっているだろうか、もしくは円安なのかを予想することは一般的に困難なはずです。セクハラ自動車学校

現実的には、「そんなにも先の将来のことは予知できない」と思うのが現実だと思います。高校生 身長 伸ばす

予測もできないものを一生懸命に予測しようと思っても、それは意味のないことです。ロナウド 腹筋

ですから、他国の貨幣を買ったと仮定して、買いレートよりも円高に変わったとしてもそれは待っていれば返ってくるはずだという気持ちで売買に向き合う必要があります。

利益を積極的に求めるばかりでなくその他の儲けつまりはスワップポイントで儲けるのを一番最初のターゲットということにして始めましょう。

当然のことですが短期で為替差損にマイナスがひどく膨らんでしまうこともあります。

このためこういう場合のような損失に問題ないよう、レバレッジをできるだけ少なめで取引するのはポイントです。

外国為替証拠金取引(FX)は、為替差損が決まった範囲以上に増大すると追い証(追加保証金)を求められたりストップロスがかけられたりします。

損切りをしたら即座にトレードを終わりにする必要があり、長期取引がダメになります。

この例のようなリスクを抑えるためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定してやり取りするのが良いでしょう。

次は中期の投資での売買についてです。

中期投資のケースでは長くて1?2ヶ月位後々を予測してのトレードを行うのです。

為替トレードの場合は、1ヶ月先のことは、だいたいの場合先読みできるかと思います。

G7等の各国の閣議や為替取引に参加している人たちがどういう問題に興味があるかを確認すれば、ある程度、想定できるでしょう。

こういったファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしつつグラフをチェックすることで、為替のレートの変動を理解し、売買を決める方がいいと思います。

基本的に、経済の基礎的条件とジャッジの両面で良い方向であり、あるいは買い傾向が一致している時は、ほぼその様に動くと考えて良いのです。

そのような時は持ち金を増やすともっと多額のリターンを得られると思います。

最後は短期のコツ。

ここでの短期スタンスというのはいわゆるデイトレを示しています。

為替相場でデイトレを行うには経済情勢は全然関係ないと言い切れます。

なぜならあくる日の為替の相場の動向に経済の基礎的条件は反映されないからです。

この時の、最大のポイントは大規模な出来事がある場合、それによって為替のレートが著しく動くタイミングを狙ってやり取りすることです。

たとえばアメリカ合衆国にて雇用者の統計が提示される、もしくは金利政策が行われることによって金利が変わるというような出来事。

こうした絶好の機会に動きを捉えるとの意味合いから、短期のスタンスでは高度な要素が必須になる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.artsunnysideup.org All Rights Reserved.