日本のサッカーは世界に通用する

以前は日本のサッカーは弱いと言われ続けていました。キレイモロコミベスト

どれだけ良い選手が出たとしても、大舞台で活躍できるほどのチームにはならなかったのです。亀頭包皮炎

サッカーはチームプレーが第一のスポーツで、チームとして強くなることが必要なのです そんな日本のサッカーは、ここにきて急に変わってきました。

チームプレーを優先し、個の力に頼らずとも戦える環境が出来上がってきました。

日本代表は海外のトップと試合をしても、互角以上の戦いを繰り広げるようになりましたし、サッカーの力は非常に上がってきたと感じます 日本の選手が海外でプレーすることも増えてきました。

最近では本田がACミランに移籍したように、海外の名だたるトップチームへの移籍も頻繁に行われています。

こうした場所で培った技術が、日本代表に来て生きるものと思っています 今年はワールドカップも控えており、日本代表がどこまで行けるのかに期待しています。

海外との差を埋めるためにも、ここからの数ヶ月は勝負どころになるはずです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.artsunnysideup.org All Rights Reserved.